au解約してMNPで格安SIMに切り替えたけど出戻った件

私には合わなかった、格安SIMのデメリットが3つありました

私は格安SIMを利用していましたが、ある理由で大手キャリアに戻しました。
その理由に三つです。
一つ目は久しぶりに知人と出会ったりすると、LINEIDの交換や電話番号の交換をします。その時に携帯電話はどの会社のものを使ってるの?っていう話になった時に格安SIMを使ってるとは言いにくかったんです。言葉は悪いですが、ちょっと貧乏臭いっていう感じがするんですよね。
二つ目はキャリアメールを使えない点です。
ネットのあるサービスに加入しようとすると、登録確認にメールアドレスを利用しる場合があります。その時の対応ドメインがキャリアのものばかりで、格安SIMのは未対応なんです。
これで不便だなと感じることが何度かありました。
三つ目は電波障害のひどさです。
普段は電波が入りにくいとか繋がらないとは感じないんですが、花火等の人口密集地に行くと使い物になりません。
キャリア所有の方だと遅延しながらもネット接続出来たりしてるんですが、格安SIMだと一定時間が過ぎました等のエラーメッセージ表示画面となるだけでまったく接続出来ませんでした。

こういった点から格安SIMからキャリアに戻そうかなと思ったわけです。

大手キャリアは出戻りキャンペーンで端末代が無料!

私の加入しいた格安SIMの解約手続きは簡単に出来ました。
電話番号そのままで他のキャリアに変更する予定でしたので、格安SIMの問い合わせサービスに電話してMNP予約番号を発行してもらいました。
すぐにMNP予約番号を教えてもらいましたし、このMNP予約番号を使って他社に加入すると自動的に契約中の格安SIMとは解約になることを教えてくれました。
ですので解約手続きは実質、MNP予約番号の問い合わせだけですね。

費用に関してですが、私は端末セットでキャリアから格安SIMにMNPしてきてたんですけど、キャンペーンで端末は一括0円でした。
普通は一括0円といっても月賦払いと端末購入割引で相殺となってることが多いんですよね。この場合だと途中解約すると月賦払いの残金を支払わなくてはなりません。
しかし私の場合は完全な一括0円だったので、月賦払いの残金はありませんでした。
契約から一年経過していたので違約金等は発生せず、解約費用は3000円とその月の利用料金とでトータル7500円ほどで済みました。

やっぱり端末保障があるから、大手キャリアに戻してよかった

大手キャリアに戻してよかったのは、まずキャリアメールが使える点です。
たまに友人と一緒にドライブしたりするのですが、友人から運転を変わって欲しいと頼まれることがあります。
私も車を持っていますが、車両保険には加入していません。
もし事故を起こした場合、私の保険では事故費用を負担しきれませんし、友人の保険は限定条件があり使えません。
以前こういう時に一日保険を利用しようとしても、キャリアメールが使えないと一日保険に加入出来なかったんです。
しかし今回は大手キャリアですからキャリアメールは使えますし、簡単に加入出来ました。
友人とも気軽に長距離ドライブ出来るようになりました。

次に祭りやイベント時の携帯使用不能が緩和されました。
以前だと花火大会の最中はまったくスマホを使用できませんでした。
その点キャリアだと花火大会会場に中継基地を設置してくれたりしてるので、やや遅いながらも十分使用出来ます。
友人と逸れた時など、スマホで簡単に連絡取り合えって合流出来たりしてとても助かりました。

格安SIMを解約して大手キャリアへ出戻った理由、端末保証、キャリアメール、速度が遅いの3つだったのですが、最近の格安SIMはサービスが良くなってきていますね。
具体的には、マイネオがそうです。マイネオには端末保証やキャリアメール、速度改善に積極的な格安SIMです。
さらに加入者同士で運営されているQAサイトが活発で、分からないことはほとんど解決できます。
auを解約してmineoに切り替えを検討するならオススメですね。

au解約 更新月 違約金はこちらのサイトが詳しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする